• トップページ
  • データ入稿について
  • 会社概要
  • ご紹介リンク
  • お問合せ

このようなことでお悩みではありませんか?

  • □ 患者数が減少傾向。
  • □ ホームページをリニューアルしたが効果がない。
  • □ 広告したくても、医療法があって、他院にない良さや特徴がPR出来ない。

2010年の統計によると、全国の歯科診療所は68,000を超え、コンビニの件数を上回っています。
毎日の様に新しい歯科医院が開業し、年間3000件に達する程です。
その中で約2000件もの歯科医院が閉院している現状があります。

どうすれば増患することが出来るのでしょうか?

単純に言ってしまえば、

  • 1)予防歯科等で患者様がリピートしてくれる。(既存顧客)
  • 2)新たな患者様の獲得(新規顧客)
  • 3)新たなメニューの作成(新規収入源の確保)

タツミ印刷は病院・医院・歯科医院等800院の実績でお仕事させていただいております。

その中で患者様が多い医院と残念ながらそうでない医院があります。

患者様が多い医院は口コミが良い評判の物が多いということです。

口コミというのは、医院経営で非常に重要なのはご存知だと思います。
特に歯科医院の口コミは非常に特殊なのです。

例えば

飲食店の口コミぐるなび等のレビューでは、ほとんどが味で後、接客や価格に対してされるものです。

一方、歯科医院ですが、評価されるべきは診療技術になるハズです。

しかし実際言葉を集めてみると、「技術」に関して書き込みされることはなく、院長先生やスタッフの対応について書かれています。

この事実から歯科医院は歯を治療する場所であるにも関わらず、患者様は院長の技術ではなく、院長やスタッフの対応を評価対象にしていることが分かります。
技術に関しては痛いか痛くないか、治療期間が長いか短いかがほとんどです。

どうして患者様は歯の治療に足を運んでいるのに、その技術ではなく、歯科医やスタッフの応対を評価対象としてそこで医院の評判の善し悪しを決定しているのでしょうか。

答えは驚く程、単純です。患者様は技術の評価をすることが出来ないからです。

先生の治療技術も分からなければ、衛生士が歯石を取るのが上手か下手など判断しようがあるはずがありません。

たまに「先生の腕が素晴らしいです!」といった様な口コミを目にすることもあります。

しかし、こういった口コミには必ずと言って良いほど「先生が優しく」+「腕も良いです」「スタッフが明るく」+「先生の腕も良いです」と、院長やスタッフのことに触れた上で「腕が良い」と書かれています。

患者様は自分が最初に受けた印象から、その医院の内容を連想して評価の判断を下しているのです。

しかも、来院した時が始まりではなく、電話応対の時から始まっていますし、その患者様が口コミサイトを閲覧していたのであれば、他者の書き込みをみた時から始まっています。

様々な対応をされておられるかと思います。ただ、客観的に自医院を見ることが出来るでしょうか。

新しい取り組みをしたところで、その取り組みが結果に繋がることは少なく、労力だけを消費してないでしょうか?

お客様に直接聞きリサーチしながら、尚且つ自院を広告する手法を考案しました。
それがアドボイスです。

増患

限定5院、現在歯科医院様向け成果報酬のお試しリサーチを低価格でご提供しております。
ご興味がございましたら資料をお送りします。
お申込お問合せは voice@tazmi.com までお願いします。